★コラボ勉強会★@せんだいメディアテーク

260412勉強会明石講師4月12日(土)せんだいメディアテークで「コラボ勉強会」を開催しました

その内容を少し、紹介したいと思います.。

 

ゲストに、東大数学科出身の仏教講師で、

ベストセラー「幸せのタネをまくと、

幸せの花が咲く」の著者でもある

岡本一志先生をお招きしての

スペシャルな勉強会でした

 

最初は、明石先生から、4月8日、釈迦生誕の日(一般に花祭りといわれています)

にちなんで、お釈迦様の一代記についてお話がありました(^∇^)

 

今日、世界の3大聖人、2大聖人といわれても、まず名前が上がる

お釈迦様とはどんな方だったのか

 

お釈迦様は、今から2600年前、インドのカピラ城に住んでいた

浄飯王という王様の太子として生まれられました。

 

幼いころは悉達多(シッタルタ)太子といわれて、文武ともに抜群で、

他に並ぶものはなかったといわれます。 才能に恵まれ、若くて健康、

太子ですから、金も財産も地位も名誉も最高に持っています。

 

国一番の美女と結婚され、子供もいる。何不自由ないどころか、

これ以上ない幸せな状態のはずの太子でしたが、深刻な悩みをかかえ、

心から満足できないでいたと言われます。

(物質的には何不自由ない時代に生きている現代人も、ぼんやりした不安や

なんともいえない空しさ、満たされなさ感じている人が多いといわれますが、

2600年前も同じであったんですね。)

 

心配した両親は、春夏秋冬、季節ごとの別荘を作らせて、そこに

500人の美女(AKB以上ですね)をはべらせて太子の悩みをなくそうと

されましたが、それでも太子の暗い表情は晴れなかったのでした

一体、太子は何に悩んでいたのでしょうか

 

実はその悩みこそ、仏教という教えの中身を知る上でとても大事なことであり、

すべての人に共通して存在する問題なんですね。

 

すべての人に共通した悩みの正体を明らかにして、解決の道を教えたのが

仏教といわれます。詳しくは、是非、勉強会に参加して聞いてみてください☆彡

お申し込み

最近のコメント