【唯我独尊】

本日は、お釈迦様の誕生日(^_^)

お生まれになられた時に仰言ったと言われる、

「天上天下唯我独尊」

のお言葉は有名ですが、これは、

「この世界で、俺一人が偉いんだ」

との傲慢発言ではありません。

人生を真面目に見つめれば見つめるほど知らされる、

生きる苦しみ、老いる苦しみ、病の苦しみ、死の苦しみ。

人間関係、金銭トラブル、仕事のストレス、家庭の悩み、持病、

色々な方の相談、悩みを聞かせて頂くことが多くありますが、

まさに、この世は「娑婆世界」と思い知らされます。

「シャバ(娑婆)」とはインドの言葉ですが、

中国では「堪忍土」と訳されました。

ならぬ堪忍するが堪忍と言われるように、

人生は、耐え忍ばねば生きてはゆけない苦しみの世界。

「耐えてきた そう言う妻に 耐えてきた」

なんていうサラリーマン川柳もありました(^_^;)

作家の芥川龍之介は、

「人生は地獄よりも地獄的である(侏儒の言葉)」

とまで書いています。

子供も大人も、洋の東西を問わず、、みんな、

この苦難渦巻く波濤の中、頑張っているのですが、

そうやって一生懸命努力しながら私達が向かう先は。。

逃れられない生苦、老苦、病死、死苦(四苦)の現実。

この人生に目を背けず、真正面から向き合われ、

苦悩の解決をなされたのがお釈迦様でありました。

そして、

「“生きる”とはなんと素晴らしいことなのか。」 

と喜びに満ちあふれる世界があるのだぞ、 

どんな人もこの身になれるのだ、

と宣言なされたのが、

「天上天下唯我独尊」

のお言葉です。

 
ただ(唯)、我々人間にしか果たすことのできない、

素晴らしい尊い生きる目的がある。


「何のために生まれてきたのだろう」

「なぜ生きねばならないの、どうせ死ぬのに」

「さっさと生きてさっさと死にたい」 

「長生きなんてしたくない」 

「死んだほうがましかな。。」 

「猫はいいなぁ。猫に生まれたほうがよかった。」 

と、人間に生まれてきたことを 

はずれクジを引いたようにしか思っていない人もあります。 

本当は、何億円の宝クジよりもずっとずっと尊厳な人命なのに。。


釈迦の誕生日に想う。

どんな人の命も尊く素晴らしいのだと教えて頂いた

大きな感謝を胸に、これからも精一杯ガンバ!

--------------------------------------------
【唯我独尊】

自分の生命(いのち)が地球よりも重いと知れば、

「ハズレくじ」を捨てるように、ビルからの投身も、

他人の命を虫けらのように奪うことも、

できるはずがない。

「人生には、なさねばならない目的がある。

どんなに苦しくても、生き抜かなくては」と、

生きる目的が鮮明になってこそ、

生命の尊厳が知らされるのである。
お申し込み

最近のコメント