【「如来の法の中に、吉日良辰を選ぶことなし」】

あなたは、何を心の軸として生きていますか?

大事な局面に、その人の信念が露呈するもの。

おかしなものを信じていては、幸せになれるはずがありません。

大学時代、甲府に住んでいた私は、年配の方々から、
地元の英雄、名将・武田信玄について、
何かと聞かされたことがありましたが、
その中で忘れられない話の一つを紹介します(^_^)

信玄が、信濃(しなの・長野県)制圧を目指していた頃。
全軍が出陣しようとしていた、まさにその時。

一羽の鳩が飛来し、庭の大樹にとまりました。

それを見た兵士たちは、皆、「わぁー」
と歓声をあげて喜んだのです。

不審に思った信玄は、老臣に尋ねました。

「なぜ、兵士たちが、あんなに喜んでいるのか」

「出陣する際に、この木の上に鳩が来たならば、
 大勝利間違いなしと、昔から伝えられております。
 大変、縁起のいいことです。
 兵も必勝を確信し、沸き立っているのでございます」

老臣もうれしそうに答えました。

しかし、信玄は表情を変えません。

それどころか、、
黙って鉄砲を手に取り、たちまち鳩を撃ち落としてしまったのです。

「殿、何をなされますか。
 吉兆が凶兆に変わってしまうではありませんか」

老臣は驚いて詰め寄りました。

「かりに、鳩に吉兆があるとしよう。
 では、次の合戦の時に、もし、鳩が飛んでこなかったら、
 おまえたちは、どんな心境になるのだ」

「。。。」

老臣は答えられません。

信玄は、出陣する兵士に諭しました。

「鳩が来たら縁起がいいと喜ぶ者は、
 鳩が来なかったら、今度の戦いは危ういのでは、
 と不安を抱くに違いない。
 そうすれば全軍の士気が下がる。
 戦わずして、負けたも同然ではないか。

 ささいなことを信ずる惑いを解いてやったのだ。

 むしろ、普段から戦いに備えて自己を練磨し、
 必勝の信念を持つべきである」

鳩がかわいそう、と思いましたが、、
インパクトは絶大ですね(^_^;)

戦国最強の武田軍団は、信玄の、
こうした冷静な判断力で育てられていったと言われます。

「如来の法の中に、吉日良辰を選ぶことなし」(涅槃経)

※吉日良辰(よい日柄ということ、大安吉日と同じ)

ブッダは、日に善し悪しがあるという縁起かつぎは、
一切迷信だ、と説かれました。

善いのも悪いのも、自分の運命のすべては、
自分の行いが生み出したもの。

仏教では、これを「自業自得」と教えます。

世間で、善い運命を得て喜んでいる人に、
それはお前の「自業自得」だよ、と使う人はいませんが、

仏教では、善いのも悪いのも、
私が得る運命のすべては私の業(行い)が生み出したもの、
と説きます。

この「自業自得」の道理を心の軸にして、
共にまっすぐな生き方に心がけてゆきたいと思います。

コメント