【変わらない決心】

地下鉄サリン事件から20年。

もうそんなになるのか、、

時の経つのは早いなぁ、と思わずつぶやく。


当時大学2年生だった私は、仏教の素晴らしさを知り、

生涯、本当の幸せを伝える仏教講師なりたい

と心が定まった頃の出来事でした。


無差別殺人を犯す、反社会的なカルト宗教が、

仏教を名乗っている。


宗教や仏教に対するイメージが

悪くなってゆくのを肌で感じる中での決断でした。


それでも、本当の仏教を

一人でも多くの人に知ってほしいと、

胸を張って、

周囲の友達とはまったく異なる方角へ進みました。


平成9年、大学を卒業してまもなく、

仏教講師の道へと飛び込む(^_^)


毀誉褒貶(ほめられたり、けなされたりの世評)は、

今も常にありますが、

一度も辞めようと思ったことはありません。


死ぬまで続けるつもりです。


私がもっとも尊敬する歴史上の人物は、親鸞聖人。

今から約800年前、公然と、当時の常識を打ち破り、

「肉食妻帯」をなされ、どんな人も差別なく、

ありのままの姿で絶対の幸福になれるのだ

と伝え続けてゆかれた一生涯。


そのたくましさ、信念には圧倒されるばかり。


作家の夏目漱石は、

「親鸞聖人に初めから非常な思想が有り、

 非常な力が有り、非常な強い根底の有る思想

 を持たなければ、あれ程の大改革(肉食妻帯)は出来ない」

と言っています。


宗教、仏教に対する偏見、誤った常識を打ち破り、

日本を担う世代にこそ仏教を伝えたい!


仏教の知識ゼロの方にも分かって頂きたいと

ブレずに話し続けてきましたが、

気が付けば、かつての大学生は、

40歳のオヤジに(^_^;)


まだまだこれからです!


振り返ると色々なことがありました。

未曾有の大震災も経験。


日々、

「諸行無常(すべてのものは常がなく続かない)」

の仏説まことが知らされる毎日。


こんな不安定な世の中で、

絶対に変わらない、崩れない、裏切られることのない

本当の幸せがあることを

一人でも多くの方に、分かり易く伝えたい。

すべての人に、幸せになってほしい。


一層の奮起を誓います(^_^)

ガンバ!

コメント