【己を変えれば、夫も妻も子供もみな変わる】

昨日は「望年会」でした(^_^)

「忘年会」ではありません。

苦しみ悩みの波が次から次へとやってくる人生。

「臭い物には蓋をしろ」で、

苦海に翻弄された、

今年の辛い出来事を忘れ、

来年に引きずらず気持ちを切り替えることも

大切な心得と思いますが、

もっと大事なのは、

「禅定」だとブッダは教えられています。

「禅」は「しずめる」 、「定」は「定める」こと。 

散乱する自分の心を しずめ、さだめ、

自己の言動を忘れず、振り返る。

この反省があってはじめて、努力、向上、成長するのです。

色々なことがあった1年。

しっかりと自分を省みて、

改善すべき点をハッキリと突き止め、

希望を胸に、来年も新たなことに挑戦したいと思います!

「望年会」を勝縁に一層ガンバ!

---------------------------------------
【己を変えれば、夫も妻も子供もみな変わる】

禅僧・盤珪(ばんけい)が雲水(うんすい)のころである。

毎夜、千住(せんじゅ)の磔柱(はりつけばしら)

のもとにいって座禅をしていた。

ある朝、座をたち、近くの馬場の土手で休んでいると、

一人の立派な武士が、馬のけいこにやってきた。

それとなく見ていると、どうやら馬のごきげんが悪く、

武士の思うようにならぬらしい。

どなりながら武士は、しきりに馬を責めている。

それをみた盤珪。

「なんのざまだ!」と大喝した。

それを耳にもかけぬふうに武士は、

ますます馬にムチをあてる。

「ええ、なんのざまだ!」

二度三度の大声に、ようやくふりかえった武士は、

馬から飛び下り、静かに盤珪に近づいてきた。

「貴僧は先ほどから、どうやら拙者を叱っておられるようだが、

 教えることあらば、承りとう存ずる」

すこぶる言葉は丁寧だが、返答次第によっては、の気迫が

ありありとうかがえる。

毅然とそのとき、こう盤珪は諭した。

「馬がいうことをきかぬといって、馬ばかりを責めるのは、

 いたって愚かなこと。

 馬にも馬の事情があるはず。

 馬にいうことをきかそうと思うなら、

 馬がいうことをきくように、しむけてやらなくてはならぬ。

 まず、自分を改めることが一番じゃ。おわかりかな」

謙虚で賢明な武士であったのだろう。

深くうなずき一礼して退き、態度を改め、

ふたたび馬上の人となった。

ところがどうだろう。

馬が変わったように、騎手の命ずるままになったではないか。

私がこうなるのは、夫が、妻が、子供が悪いからだと、

他人ばかりを責めている間は、真の平和は訪れない。

まず自分を反省し、己の姿勢を正すことが肝要。

己を変えれば、夫も妻も子供も、みな変わる。

家庭も明転すること、うけあいだ。

コメント