市瀬 則之 先生

ゼロから分かる仏教教室の講師、市瀬則之です。

なぜ私が、仏教講師になったのか。

仏教教師ってどんな職業なのか。

様々な出会いがあり、今の私がありますが、

自己紹介をかねてよくある質問にお答えしたいと思います。

いつから講師をしているんですか?

私が講師になって、今年で2年目になります。

世話好きな両親の元で、育ったこともあり、友達のために、

何かをすることが、好きでした。

よく悩み相談にも乗っていました。

その一方で、何をすれば、周りから評価をされるのかという事を、

よく考えていました。

友達のためといいながら、結局は自分のためにしか行動できない、

己の心の醜さを誰にも相談できず、小さな頃からずっと悩んでいました。

そして、大学に入ってから、仏教を学ぶ機会があり、

本当のわたしの姿を明らかにされ、その上で、

本当の幸せになれる道を教えられていることに驚き、

本格的に学ぶようになりました。

大学では経済を学んでいました。
経済とは、経世済民という意味で、世の中を豊かにし、
人々を幸福にすることだと知りました。
仏教こそが、本当の意味で、人々の心を豊かにし、
幸福にする道を教えられているという事を、
感じ、仏教講師の道を進みました。
抱いている目標は?
「有難う」、「おもてなし」、「恩」など、
仏教にゆかりの深い言葉は多く日本語にはありますが、

一方で、誤解されていることも多くあります。

私自身、最初、仏教を誤解していました。

その誤解を一つずつ紐解いていくほどに、

私達が生きていく上で大切なことが沢山教えられている事を知りました。

仏教で教えられていることをまず多くの人に知って頂き、

より多くの人に、今よりもより素晴らしい人生を歩んでもらいたいと思っています。

インターネットができて、便利な世の中になりましたが、

本当に満足できることは何なのか、本当の自分を見失い、どこか違和感を感じる日々を

送っている人が増えてきています。

もっと1人1人が、「心の底から満足できる」人生の目的を知り、

この為の人生だったのかと、胸を張って生きられる様な社会にできる様にすることが、

私の夢(目標)です。

市瀬 則之(いちのせ のりゆき)

 

自己紹介

■略歴

平成3年7月5日 東京都江東区で生まれる

平成26年 獨協大学経済学部経営学科卒業

平成30年 仏教講師として、講座をはじめる

■趣味

読書(好きな小説家:道尾秀介、ビジネス書や、自己啓発なども幅広く読みます)

漫画(鋼の錬金術師、進撃の巨人)