■リアル(一般会場)での開催

現在、コロナウイルス対策をして、会場での講座を再開しました。
アルコール消毒や換気など、対策をしっかりとして開催をいたします。
また、オンライン上でも、普段の勉強会のように学べますので、ぜひご参加ください(^^)
<札幌>

◇3/3(水)10:00~12:00(前編)
     13:30~15:30(後編)札幌市民ホール2階 会議室2(中本英先生)
『9割以上の人が間違っている!?「他力本願」の正しい意味』
 仏教を聞くのは弱い人、それは「自力」と「他力」の意味の誤解から来ています。
「自力」とは自分の力、「他力」とは人の力や自然の力と思っていませんか? 
 それは大変な誤解です。
 私達が幸せになる為に、絶対に知らねばならない大切な仏語(仏教の言葉)、「他力本願」。
 これを知れば、仏教の常識が180度変わり、明るくたくましい人生が拓けます。
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
 関心のある方は続けてご参加ください。)

◇3/6(土)10:00~12:00(前編)
     13:30~15:30(後編)西区民センター3階(中本英先生)
『葬式や追悼法要は、一体何のためにあるのでしょう?
         お坊さんが知られたくない法事の本当の意義』
「盛大な葬式をしないと死んだおじいちゃんが浮かばれない」
そんな不安から大きなお金が動く葬儀ビジネス。
ところが鎌倉時代の有名な僧侶・親鸞聖人が
「親鸞が死んだら賀茂河に捨てよ」と言われました。
驚きの真意を知ると、あなたの仏教観・人生観が一変するでしょう。
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
  関心のある方は続けてご参加ください。)

◇3/13(土)10:00~12:00(前編)
     13:30~15:30(後編)エルプラザ3階OA室(中本英先生)
『アキラメがちな人生が一転!~人生をあきらかに見て、
     今を明るく正しく生き抜くブッダの人生講座~』
"あなたは「あきらめる」の本当の意味をご存知でしょうか?
一般的には、見込みがないと思いきる、仕方がないと断念する、という意味で使われ、
負け、根性なし、情けないなど、ネガティブなイメージを持つ人があります。
しかし、「あきらめる」とは、仏教の「諦観(たいかん)」という言葉が語源です。
「諦」は「あきらか」、「観」は「みる」ですから、「あきらかにみる」と読みます。
これは、決して悲観的な言葉ではなく、前向きに現状を打開してゆく姿勢です。
ブッダの教えを知れば、どんな困難も諦めず、
乗り越えようとするたくましい生きる勇気と元気が湧いてきます。"
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
  関心のある方は続けてご参加ください。)
◇3/13(土)10:00~12:00(前編)札幌市東区民センター
        13:30~15:30(後編)札幌市東区民センター(本村裕靖先生)
 『「なぜ生きる」苦しくとも生きねばならぬ理由は何か?』
 「なくなった人の供養はどうしたらいいの?」「人は何のために生きるのか?」
 「仏教はどんなことを教えられているの?」「人間は死んだらどうなるのか?」
 「お釈迦様や親鸞聖人とはどんな方?」など、講座と映画でやさしく学べます。
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
  関心のある方は続けてご参加ください。)
 ◇3/14(日)10:00~12:00(前編)
     13:30~15:30(後編)小樽市民センター 3階研修室(本村裕靖先生)
 『「四苦八苦」とはどんな意味?知らなかったでは済まされない!
   苦しみの人生を喜びと感謝の人生に変える、ブッダの人生講座』
  困った時に、「シクハック(四苦八苦)した」と言いますが、これは仏教から来た言葉です。
  人生の苦しみを、仏教では、大きく4つに分け「四苦(しく)」と言います。
  それは、「生苦(しょうく)」「老苦(ろうく)」「病苦(びょうく)」
「死苦(しく)」の4つです。さらに4つの苦しみを加え「八苦(はっく)」といいます。
 すべての人が逃れられない苦しみについて正しく知り、それを乗り越え、
 喜びと感謝の人生に転ずる生き方が出来るブッダ(お釈迦様)の人生講座です。
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
  関心のある方は続けてご参加ください。)

◇3/14(日)10:00~12:00
     13:30~15:30(後編)厚別区民センター・視聴覚室(小島正之先生)
『「彼岸」と「人生」の深い関係が分かる!
    知らなかったでは済まされない目か らウロコの仏教講座』
「春分の日」は、春の「彼岸」と言われる季節です。墓参りをするのが慣例に なっていますが、
「彼岸」の意味は、意外に知られていません。
 正しい意味が分かれば、生きる元気、勇気が湧いてきます。
 すべての人に知って頂きたい「彼岸」について学べる講座です。
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
  関心のある 方は続けてご参加ください。)

◇3/15(月)19:00~20:30 札幌市民ホール・会議室5(小島正之先生)
『「欲・怒り・愚痴・執着」の心の正しい捉え方とは?ブッダの心の処方箋』
  現代の私たちは物質社会を謳歌していますが、どれだけ欲を満たしても満足は無く、
 ものに執着するあまりに苦しみ、思うように手に入らなければ腹を立てて苦しん でいます。
 そんな中、心安らかに幸せに生きるには、「欲・怒り・愚痴・執着」などの心を 抑え、
 減らし、なくさなければならないと思っている人が増えているようです。
 仏教で説かれる「欲・怒り・愚痴・執着」の心についての正しい捉え方を知り、
 私たちが本当に安心、満足できる生き方を学んでみませんか?

◇3/16(火)10:00~12:00
      13:30~15:30 札幌市民ホール2階 第2会議室(中本英先生)
『親鸞聖人の「肉食妻帯」から学ぶ
  「誰もがありのままで幸せになれる生き方」』
 かつて人気番組で「歴史上の人物ベストワン」と紹介された親鸞聖人。
 約800年前、当時僧侶としては破天荒の肉食妻帯(肉を食べ、結婚する)を
 断行したことは有名です。
 夏目漱石は、「親鸞聖人に初めから非常な思想があり、非常な力があり、
 非常な強い根底のある思想を持たなければ、あれほどの大改革(肉食妻帯)はできない」
 と言っています。どんな非難も覚悟のうえで自らの信念を貫き、
 たくましく生き抜いた親鸞聖人の根底にあった仏教思想とは?
 また前代未聞の肉食妻帯の真意とは?

◇3/20(土)10:00~12:00(前編)
                 13:30~15:30(後編)南区民センター・第3会議室(小島正之先生)
『「もったいない」の語源が教えてくれる、
       ブッダに学ぶ“すべてのものを大切 に活かしきる生き方”とは』
 ノーベル平和賞を受賞した環境保護活動家・故ワンガリ・マータイさんは、
 日本 に「もったいない」という考え方があることを知り感激したと言われます。
 私たちが日常的に使っているこの「もったいない」という言葉は、仏教から出た 言葉です。
 すべてのものを活かそうとする精神から生まれた「もったいない」。
 この語源をよく知り、自分や周囲を見つめ直すことで、新たな生き方が見えてき ます。
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
       関心のある 方は続けてご参加ください。)

◇3/24(水)10:00~12:00
      13:30~15:30 札幌市民ホール2階 第2会議室(中本英先生)
『六曜(大安や友引、仏滅)に振り回されていませんか?
      ブッダが明かす、幸せになれる法則を知れば、
             あなたもブレない生き方ができる』
ほとんどのカレンダーや手帳には、先勝・友引・前負・仏滅・大安・赤口という
「六曜(ろうよう)」が書かれてあります。特に、結婚式になると、大安にしたくなります。
葬式になると、友引や仏滅を避ける人ばかりですが、
仏教では、日に善し悪しがあるという考えは、
120%間違っていると説かれています。では、何が私の運命を生み出すのでしょうか?
仏教に明かされた運命のしくみを正しく知れば、どんな時もブレない生き方が出来る!
明るくたくましい未来が拓ける仏教講座を聞いてみませんか?
◇3/24(水)10:00~12:00 札幌市民ホール・2F 第2会議室(本村裕靖先生)
『人生を豊かにする深いい仏教入門講座』
 7000冊にのぼるお経に何が明かされているのか?
 よく読まれる正信偈には何が書かれているの?
 仏教について、正信偈の意味についてわかりやすく、深く学べる講座です。
★当日都合がつかず、ライブ配信を希望の方は、前日までに
 別途メッセージにてお申込み下さい。配信方法をご連絡致します。
◇3/27(土)10:00~12:00(前編)
     13:30~15:30(後編)南区民センター3階 第3会議室(中本英先生)
『過去は消せないけど、未来は切り開ける。その方法とは?』
「どうして私ばかりこんなに運が悪いの?」
 苦難や災難に直面し落ち込むことも多いのが人生。
 日々、自分の身の上におきる、幸・不幸の原因はどこにあるのか、
 どうすれば幸せになれるのか。
 誰もが知りたい、不可解な運命の仕組みを解明し、
「過去は消せないけれど、未来に活かせば明るく切り開いてゆけるもの」
 と教えられたのがブッダです。
 仏教が明かす『原因と結果の3つの法則』を学んでみませんか?
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
  関心のある方は続けてご参加ください。)

◇3/28(日)10:00~12:00(前編)
      13:30~15:30(後編)東区民センター2階ライラック(中本英先生)
『親鸞聖人の「肉食妻帯」から学ぶ
   「誰もがありのままで幸せになれる生き方」』
 かつて人気番組で「歴史上の人物ベストワン」と紹介された親鸞聖人。
 約800年前、当時僧侶としては破天荒の肉食妻帯(肉を食べ、結婚する)を
 断行したことは有名です。
 夏目漱石は、「親鸞聖人に初めから非常な思想があり、非常な力があり、
 非常な強い根底のある思想を持たなければ、あれほどの大改革(肉食妻帯)はできない」
 と言っています。どんな非難も覚悟のうえで自らの信念を貫き、 
  たくましく生き抜いた親鸞聖人の根底にあった仏教思想とは?
 また前代未聞の肉食妻帯の真意とは?
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
  関心のある方は続けてご参加ください。)

<札幌以外の地域>

◇2/28(日)10:00~12:00(前編)
       13:30~15:30(後編)千歳市・北ガス文化ホール(中本英先生)

『人生で最も大切なことに気づける!“ブッダの有名な例え話”』
世界的大文豪トルストイは「これ以上、人間の姿を赤裸々に表した話はない」
とブッダの例え話を、絶賛しました。経営者・稲盛和夫氏も
「人間の生き様を表したたとえ話としてはこれ以上のものはないように思われます」
と100万部のベストセラー「生き方」の中でも紹介されています。
自分でも全く気づかなかった「本当の自分」と、あなたが「本当の幸せになれる道」とは?
◇3/14(日)10:00~12:00(前編)
     13:30~15:30(後編)北広島芸術文化ホール2階(中本英先生)
『お経を読むのは死んだ人の為じゃなかったの?
  8割が間違っているお経の事実「大人のやさしい仏教講座」』
 葬式、法事で必ず読まれるのがお経です。
 では、一体どんなことが書かれているのでしょう?
「長いお経を読んでもらったら亡くなった人が喜ぶ」
 くらいに思っておられる方が多いですが、どうも違うようです。
「お経」はお釈迦様の説法を弟子が書き記したもの。
 一体お釈迦様は生きた人に何を明らかになされたのでしょうか。
 これが分かれば、明るく、たくましい人生にかわります。
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
  関心のある方は続けてご参加ください。)

◇3/17(水)10:00~12:00(前編)
      14:30~15:30(後編) 苫小牧アイビープラザ・ 学習室1 (小島正之先生)

『「彼岸」と「人生」の深い関係が分かる!
  知らなかったでは済まされない目か らウロコの仏教講座』

「春分の日」は、春の「彼岸」と言われる季節です。墓参りをするのが慣例に なっていますが、
「彼岸」の意味は、意外に知られていません。

 正しい意味が分かれば、生きる元気、勇気が湧いてきます。
 すべての人に知って頂きたい「彼岸」について学べる講座です。
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
  関心のある 方は続けてご参加ください。)

◇3/18(木)10:00~12:00(前編)
      13:30~15:30(後編) 北ガス文化ホール 美術工芸室 (小島正之先生)

『「もったいない」の語源が教えてくれる、
  ブッダに学ぶ“すべてのものを大切 に活かしきる生き方”とは』

 ノーベル平和賞を受賞した環境保護活動家・故ワンガリ・マータイさんは、
 日本 に「もったいない」という考え方があることを知り感激したと言われます。

 私たちが日常的に使っているこの「もったいない」という言葉は、仏教から出た 言葉です。
 すべてのものを活かそうとする精神から生まれた「もったいない」。
 この語源をよく知り、自分や周囲を見つめ直すことで、新たな生き方が見えてき ます。
 ★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
   関心のある 方は続けてご参加ください。)

◇3/19(金)10:00~12:00(前編)
     13:30~15:30(後編)北広島芸術文化ホール 活動室3(小島正之先生)

『哲学者も驚嘆!名著・歎異抄に学ぶ
  「悪人(=すべての人)」が幸せになれる 仏教思想』

 ブッダは、「すべての人間は、悪人である」と教えられています。
 “えっ?私が悪人?”と戸惑う人が多いことと思います。
 ところが、ブッダの教えを学んでいくと「私の知らなかった私」に出会うことに なります。
 本当の私と、その私が幸せになれる道について、世界中の哲学者が驚嘆している
 仏教思想を名著・歎異抄から学べる講座です。

★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
  関心のある 方は続けてご参加ください。)

◇3/20(土)10:00~12:00(前編)
      13:30~15:30(後編)亀田交流プラザ3階(中本英先生)

『親鸞聖人の「肉食妻帯」から学ぶ
  「誰もがありのままで幸せになれる生き方」』

かつて人気番組で「歴史上の人物ベストワン」と紹介された親鸞聖人。
約800年前、当時僧侶としては破天荒の肉食妻帯(肉を食べ、結婚する)を断行したことは有名です。
夏目漱石は、「親鸞聖人に初めから非常な思想があり、非常な力があり、
非常な強い根底のある思想を持たなければ、あれほどの大改革(肉食妻帯)はできない」と言っています。
どんな非難も覚悟のうえで自らの信念を貫き、
たくましく生き抜いた親鸞聖人の根底にあった仏教思想とは?また前代未聞の肉食妻帯の真意とは?
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。関心のある方は続けてご参加ください。)

◇3/27(土)10:00~12:00(前編)
     13:30~15:30(後編)旭川市民文化会館・3階第5会議室(本村裕靖先生)
『「なぜ生きる」苦しくとも生きねばならぬ理由は何か?』
 「なくなった人の供養はどうしたらいいの?」「人は何のために生きるのか?」
 「仏教はどんなことを教えられているの?」「人間は死んだらどうなるのか?」
 「お釈迦様や親鸞聖人とはどんな方?」など、講座と映画でやさしく学べます。
★(前編・後編と続きの話ですが、どちらか一方だけでも学べます。
  関心のある方は続けてご参加ください。)

■オンライン(Facebookライブ講座)

※Facebook上での配信ですが、参加希望の方でFacebookのアカウントをお持ちでない方は、
参加お申し込みの際に、一言お願いします。別途、ご対応いたします。

◇2/27日(土)20:30~21:00(針谷英樹先生)Facebookライブ開催

『歎異抄に学ぶ-ブレない生き方』
「念仏者は無碍の一道なり」(歎異抄第7章)第6回

「念仏者は無碍の一道なり。そのいわれ如何とならば、信心の行者には、天神・地祇も敬伏し、
魔界・外道も障碍することなし。罪悪も業報を感ずることあたわず、
諸善も及ぶことなきゆえに、無碍の一道なり」と云々。(『歎異抄』第7章)

『歎異抄』は、親鸞聖人の教えを、よく熟知した人が読むと、
汲めども尽きせぬ他力信心の世界が見事な筆致で描かれている希有の書だが、
そうでない人にとっては、聖人の教えを著しく誤解させる、危険な書でもある。

このことから、『歎異抄』はカミソリ聖教の異名を持ちます。
カミソリは、分別をわきまえた大人が使えば重宝な道具だが、
子供が扱うと、自他ともに傷つけ、時には命を奪う凶器にさえなるからです。

その誤解しやすいところの一つが、「(念仏者は)罪悪も業報を感ずることあたわず、
諸善も及ぶことなきゆえに、無碍の一道なり」この一文です。

これを、「念仏者は、罪悪感から解放される」「念仏すれば、悪の報いを受けずに済むのだろう」
と誤解する人が多いのです。

では正しくは、どんな意味なのでしょうか。それを理解するには、
そもそも「仏教の究極の目的」とは何なのか。その確認が、不可欠です。
お釈迦さまは仏教を、何のために説かれたのか。明らかにします。

◇3/6(土)20:30~21:00(針谷英樹先生)Facebookライブ開催

『なぜ善人よりも、悪人なのか』「歎異抄に聞く───本当の私とは?」
「善人なおもって往生を遂ぐ。いわんや悪人をや」(歎異抄第3章)第1回

「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」(『歎異抄』第3章)

〝善人でさえ助かる。ましてや悪人はなおさらだ〟

この言葉は、どこかで聞いたことがある人が多いでしょう。
あまりにも謎めいていますが、だからこそ有名です。

「善人」と「悪人」を逆にして、「悪人でさえ助かるなら、善人はなおさらだ」
 これなら、誰でも納得できます。
 ところが『歎異抄』のこの一文は、その常識と真逆なのです。

 一体これは、何を言われているのでしょうか。
 誰かが奇をてらって、ちょっと変わったことを言ってみた、
 という言葉遊びではありません。

『歎異抄』は、親鸞聖人の弟子の唯円が、
 聖人からお聞きした言の葉を、そのまま記述したもの。
 ですから、常識をひっくり返すこの宣言は、かの親鸞聖人の言葉なのです。

そうなると、いよいよもって、「いったい、これはどんな意味なのか」
「親鸞聖人は何を伝えようとして、こんなことを仰ったのか」
 知りたくなります。

 ここで、質問です。
「あなたは、善人ですか、それとも、悪人ですか」
 なかなか、答えにくいですよね。

 なぜ親鸞聖人は、「善人よりも、悪人」と仰ったのか。
 不可解なこの謎を解くカギが、実は、
「自分は善人か、悪人か」、その答えにあるのです。

 本当の「自分探し」をしましょう。

◇3/13日(土)20:30~21:00(針谷英樹先生)Facebookライブ開催

『なぜ善人よりも、悪人なのか』「歎異抄に聞く───本当の私とは?」
「善人なおもって往生を遂ぐ。いわんや悪人をや」(歎異抄第3章)第2回

「善人なおもって往生を遂ぐ、
いわんや悪人をや」(『歎異抄』第3章)
〝善人でさえ助かる。ましてや悪人はなおさらだ〟

 常識とは真逆の、この親鸞聖人の言葉は、いったいどんな意味なのか。
 その答えを解くカギが、「私とは何者か」にあることを、第1回で提起しています。

 第2回は続いて、「私とはどんな者なのか」に迫ります。

 ところが、本当に自分の姿を正しく知ることは、言うほど簡単ではありません。
 それはなぜか。困難の理由を探り、その上で、
 では「真実の自己」を知るにはどうすればよいのか、

 親鸞聖人の示された道を、学びましょう。
◇3/20(土)20:30~21:00(針谷英樹先生)Facebookライブ開催
『なぜ善人よりも、悪人なのか』「歎異抄に聞く───本当の私とは?」
「善人なおもって往生を遂ぐ。いわんや悪人をや」(歎異抄第3章)第3回

第3回目で明らかにする、親鸞聖人が教えられた道を進んで、
「本当の私はいかなる者か」を探りましょう。

そこには、どんな自分の姿が浮かび上がってくるのでしょうか。

ここで改めて、問いましょう。
「あなたは、善人ですか、それとも、悪人ですか」

世間では、「善人」「悪人」といえば、おおよそ、

「善人=世のため人のために尽くす、慈善家、
    人々から尊敬される立派な偉人
    法律を遵守する善良な市民」

「悪人=法律を破壊する犯罪者、
    道徳ルールを守らない迷惑者」

といったところでしょう。

ところが、親鸞聖人が仰る「善人」「悪人」は、その常識とは意味が全く違います。

ここを正しく理解しないと、「自分は善人か、悪人か」
の問いに、正しい答えは出ませんし、
「なぜ善人よりも悪人なのか」の親鸞聖人の真意も、闇の中になってしまいます。

よくよく聞き分けましょう。

◇3/27(土)20:30~21:00(針谷英樹先生)Facebookライブ開催
『なぜ善人よりも、悪人なのか』「歎異抄に聞く───本当の私とは?」
「善人なおもって往生を遂ぐ。いわんや悪人をや」(歎異抄第3章)第4回
 親鸞聖人が、「善人でさえ救われる、悪人はなおさらだ」 
 と仰る「善人」「悪人」は、世間の常識で使われているような、
「善人」「悪人」の意味ではないのです。

結論を申しましょう。「全人類は、悪人である」
これが、親鸞聖人の人間観です。
つまり、「悪人」とは、人間の代名詞である、ということです。

聖人ご自身も、
「いずれの行も及び難き身なれば、
 とても地獄は一定すみかぞかし」
〝親鸞は、地獄より行き場のない極悪人である〟
と告白されています。
そして、これが古今東西の全ての人間の実態であることを、
『教行信証』その他多くの著作に、至るところに詳説されています。

そのうちの2、3の御文を示して、聖人の仰る「悪人」の真意に迫りましょう
◇3/1(月)20:30~21:00 (中本英先生)Facebookライブ開催
"自分の人生は果たして「不要不急」なのか?問われる人生の意味"
 不要不急の外出は自粛となり、今まで励みにやってきたことほとんどが、
「不要不急」だったのでは・・と思う人が増えています。脳科学者の養老孟司さんは朝日新聞で
「私の人生は不要不急なのか?」と問いかけ、話題となりました。
 医療やライフライン、食料供給は大事です。
 しかし、これらが大事なのは、もっと大事なことがあるからなのだよとブッダは説かれました。
 私たちにとって生きている今もっとも考えなければならない
 「そんなにしてまで、なぜ生きる」の一大事とは?
 この一大事を解決すれば、どんな人の人生も、明るく楽しい未来と明転する、
 目からウロコのブッダの人生講座です。
◇3/8(月)20:30~21:00(中本英先生)Facebookライブ開催 
『老後の問題よりも大事なこと~ブッダが見抜いた
  8割以上の人が見落としている「なぜ生きる」とは?』
 病気になったら、事故にあったら、災害にあったらどうしようか。
 2000万円はかかると言われる老後の暮らしはどうしようか。
 保険や年金、投資などいろいろと対策をしている人も多いと思います。
 しかし、これらが大事だからこそ、もっと大事なことがあるのだよとブッダは説かれました。
 私たちにとって生きている今もっとも考えなければならない「なぜ生きる」の一大事とは?
 この一大事を解決すれば、どんな人の人生も、明るく楽しい未来と明転する、
 目からウロコのブッダの人生講座です。
◇3/15(月)20:30~21:00(中本英先生)Facebookライブ開催 
『大切な人を亡くしたあなたへ~ブッダが明かす
   「残された私が果たすべき大事な使命」とは』
 身近な人、大切な人を亡くすことは、人生でもっとも辛く、悲しい出来事でしょう。
 一体、大切なあの人はどこへ旅立ったのでしょうか。亡くなった人が一番喜ぶことは何か。
 残された私が果たすべき使命は何か。故人をご縁に、生きている私が今、
 本当になすべきことを明かされた、
 ブッダの教えを正しく知り、悔いのない人生を送りませんか。
◇3/22 (月)20:30~21:00(中本英先生)Facebookライブ開催 
「私はなぜ生きてるの?子供に聞かれて困る疑問にブッダの明答」
"何でも質問してごらんと聞いて、心理カウンセラーもたじろいだ質問。
「じゃあ人はなんで生きているの?」「なんで頑張って生きねばならないの?」
どこにもスッキリとした答えを聞けない中、世界最大の偉人といわれるブッダは、
わずか8文字でその答えを示されていました。
日本人ならほとんどの人が知っている言葉ですが、
誤解されている言葉の意味から生きる意味を学ぶ講座です。"

◇3/29 (月)20:30~21:00(中本英先生)Facebookライブ開催 
『実は知ってるようで知らない仏教のウソとホント。いまさら聞けない3つの知識』
 東京オリンピックで世界は日本に注目しています。ところが日本は仏教国といいながら、
 日本人は仏教について、あまりにも知らないことだらけ。一番危険なのは、
 分かったつもりで、実は分かっていないことだ、と言われます。
 寺離れが進む中、知らなかったでは済まされない、「仏」の意味、
「葬式、法事」の意義、「僧侶」の使命について、正しく学んでみませんか?
 仏教の大切さが分かる講座です。
◇3/10(水)20:30~21:00(本村裕靖先生)Facebookライブ開催
『仏教入門講座-これから仏教を学ぼう!』
  第9回───代り映えのしない毎日の繰り返し。これが人生?
 毎日、家事と育児の繰り返し。学校、職場と家との往復。会う人もやる事も
 なんとなく決まっていて、ただただ一日が過ぎていく。そんな毎日にため息が出る…。
 お釈迦様は「人間にはたった一つ、生まれてきた尊い目的があるのだよ」と
 教えられています。その目的を知り、キラキラ輝く人生にしませんか。

◇3/17(水)20:30~21:00 (本村裕靖先生)Facebookライブ開催
『仏教入門講座- これから仏教を学ぼう!』
  第10回───運命はすでに決まっているの?(3回目)
「どうして私ばかりこんなに運が悪いの?」「どうせ自分はダメだ・・・」
 成功・失敗、幸・不幸に一喜一憂していませんか?
 自分の身の上に起きる幸・不幸の原因はどこにあるのか、どうすれば逆境を
 乗り越え、幸せになれるのか。
「未来はひとりひとりが切り開ける」と教えられたのがお釈迦様です。

◇3/24(水)20:30~21:00 (本村裕靖先生)Facebookライブ開催
『仏教入門講座-これから仏教を学ぼう!』
         第11回───苦悩の根元について
『「苦しみ、悩みはどこからくるの?」ブッダが明かす苦しみの原因と解決法』
 今日、科学が長足の進歩を遂げ、便利にはなりましたが、反面、心の闇を抱え、
 うつ病、パニック障害など、コミュニケーションの苦手な人が増え、中高年の
 ひきこもりが61万人という驚きのデータも発表されています。
 今から2600年前、ブッダは、どれだけ時代が変わっても変わらぬ、
 私達の苦しみの原因と、その解決法を明かされました。
 すべての人に共通した苦悩の根元について、お話致します。

★参加希望の方は、お申込みください。配信のURLをお伝えいたします。

メンバー登録について

・メンバー登録された方は、仏教の「通信講座」も動画で(12回シリーズ)受講できるようになり、ご自宅でも、体系的にしっかりと学べます。
また、講師の先生から直接
、ネット上で動画の解説や個人的な悩み相談も受けられます。

・予定が合わず、講座に参加できないときは、希望される方には別途、オンライン上や喫茶店などで、少人数、または個別での、講座内容のフォローもしております。
 仏教に関する質問や悩み相談もお聞きしております。

※ 詳細をお知りになりたい方は、下記フォームより、お問い合わせ下さい。

参加希望

    ●お名前  (必須)

    ●メールアドレス(お申込み後に、会場詳細や会場までの行き方を記載した案内メールをお送りいたします)

    ●電話番号 (※メールアドレスをお持ちでない方)

    ●参加希望の勉強会

    ●勉強会ご参加にあたり、ご質問したいことなど、ご自由にお書き下さい。
     (特にないようでしたら、何も書かれなくて大丈夫です)

    ●年齢
    10代  20代  30代  40代  50代  60代以上

    ●心温まるメルマガ、日程のご案内を無料配信しています。ホームページからお申し込みのアドレス宛に登録をします。(いつでも解除できます。)もし不要な場合は、上記の備考欄からお手数おかけしますが、一言コメントをお願いいたします。